コエンザイムQ10は酸化型・還元型・活性型・包接体どれが良いか

体の疲れを取ったり美容効果が期待できるコエンザイムQ10は、サプリメントから気軽に摂れる健康成分として人気があります。
サプリメントに配合されているコエンザイムQ10は、酸化型・還元型・活性型・包接体といったタイプに分かれています。
コストパフォーマンスに優れた酸化型は、とにかく費用を安く抑えたいという方にお勧めです。還元型は体内でそのまま利用できるため、比較的早く効果を実感することができます。
少しでも効率良く摂りたい方は、体内での吸収性に優れた活性型や包接体がお勧めです。同じコエンザイムQ10でもそれぞれ異なる特徴がありますから、自分に合うタイプを選ぶと良いでしょう。

酸化型はこんな方にお勧め

酸化型は体内で還元酵素によって還元型に変換されてから利用されます。しかし、酸化型を摂っても全てが還元型に変換されるわけではありません。
加齢や病気、ストレスなどによって酸化型から還元型に変換される量が減ってしまいます。このため一般的に還元型よりも効果が低いとされています。

関連記事:酸化型のコエンザイムQ10とは

費用を安く抑えたい

詳しい情報(クリック)

酸化型のコエンザイムQ10は技術的ハードルが低く比較的容易に製造できることから、コストを低く抑えられ、大量生産が可能です。
このため安価なサプリメントを市場に供給することが可能で、コストパフォーマンスに優れています。酸化型はとにかく費用を安く抑えたいという方にお勧めです。
お財布に優しい酸化型は、気軽に試せて、続けやすいというメリットもあります。コエンザイムQ10は毎日摂り続けなければ十分な効果が得られません。

外出先に持ち歩きたい

詳しい情報(クリック)

コエンザイムQ10は不安定な成分であり、熱や光に弱いという欠点があります。ですが酸化型は比較的安定していて、ある程度の熱に耐えることができます。
直射日光と高温多湿を避ければ常温で保存できるため、外出先に持ち歩くことも可能です。いつでもどこでも摂ることができる酸化型のコエンザイムQ10は、仕事や買い物で日中に外出する方に適しています。

還元型はこんな方にお勧め

還元型は体内でそのまま利用できます。酸化型よりも多くのエネルギーを生み出すことができ、より高い効果が期待できます。また抗酸化作用(老化を進める活性酸素を除去する働き)を持つのは還元型のみです。

関連記事:還元型コエンザイムQ10とは

早く効果を実感したい

詳しい情報(クリック)

体内で変換する必要がない還元型は体内ですぐに使われるため、酸化型と比べて早く効果を実感することができます。

中高年世代の方

詳しい情報(クリック)

酸化型から還元型に変換される量は加齢によって低下します。ところが中高年世代の方ほど疲れや老化を感じやすく、コエンザイムQ10を多く必要としています。
還元型はより多くのエネルギーを作り出すことができ、「疲れやすい」「体の衰えが気になる」という中高年世代の方に適しています。
また体内のコエンザイムQ10は20歳をピークに加齢によって減少していきます。不足しがちなコエンザイムQ10を補う意味でも還元型がお勧めです。

関連記事:コエンザイムQ10は年齢とともに減少する

病気やストレスによる不調を改善したい

詳しい情報(クリック)

病気やストレスを抱えている方が酸化型を摂っても、体内で還元型に変換される量が少ないため思うような効果を実感することができません。
コエンザイムQ10には体内のエネルギー産生効率を高める働きがあり、細胞に豊富なエネルギーを供給することで代謝を活性化する作用があります。
病気によって弱った体力の回復や、ストレスによる不調を改善する効果が期待できます。

関連記事:コエンザイムQ10でエネルギー産生効率を高める

激しい運動を行っている

詳しい情報(クリック)

コエンザイムQ10には優れた疲労回復効果があります。さらに運動パフォーマンスを高める効果も期待されています。スポーツなどで激しい運動をされる方は、より多くのエネルギーを作り出せる還元型がお勧めです。

関連記事:コエンザイムQ10で疲労回復

活性型はこんな方にお勧め

活性型は還元型のコエンザイムQ10を体内で吸収されやすいように加工したものです。

関連記事:活性型コエンザイムQ10とは

より効率的に摂りたい

詳しい情報(クリック)

体内での吸収性に優れた活性型のコエンザイムQ10は、より効率的に摂りたい方にお勧めです。

コエンザイムQ10は製造段階で特別な加工を行わない限り、脂に溶ける脂溶性であり、脂質の一種です。脂質はとても吸収性が悪い栄養素の一つです。
脂溶性のコエンザイムQ10は、胆のうから分泌される胆汁酸でミセルという構造に変化した後に、小腸の粘膜から吸収されます。
そこで活性型のコエンザイムQ10は、製造段階で予めミセル化処理を行い、水と油が混ざり合った状態に変えることで吸収性を高めています。

いつでも好きな時間に摂りたい

詳しい情報(クリック)

脂溶性のコエンザイムQ10は胃腸に負担がかかります。空腹時に摂取すると胃もたれ、食欲不振、下痢などの副作用が引き起こされることがあります。
そのため食後30分以内に摂取することが推奨されています。一方の活性型のコエンザイムQ10は、水中に分散させているため胃腸に負担がかかりません。
空腹時でも食後でもタイミングを気にすることなく、自分の好きな時間に摂ることができるというメリットがあります。

関連記事:コエンザイムQ10が引き起こす食欲不振や嘔吐

包接体はこんな方にお勧め

包接体はコエンザイムQ10をオリゴ糖の一種である「シクロデキストリン」で包み込むことで、熱や光から守り、体内での吸収性を高めているのが特徴です。

関連記事:コエンザイムQ10包接体とは

より効率的に摂りたい

詳しい情報(クリック)

コエンザイムQ10が体内に吸収されるためには小腸の粘膜を通過する必要があります。ところが脂溶性のコエンザイムQ10は、成分の分子が大きく凝集しているため一部が粘膜を通過できずに残ってしまいます。
そこで包接体は凝集していたコエンザイムQ10を、微粒子のサイズまで小さく砕くことで、粘膜を通過しやすくして吸収性を高めています。
多くの成分が体内に吸収される包接体は、より効率的にコエンザイムQ10を摂取したい方にお勧めです。

効果を長く持続させたい

詳しい情報(クリック)

コエンザイムQ10を包み込んでいるシクロデキストリンは底のないカップのような形状をしています。さらに内側は油によくなじむ親油性で、外側は水によくなじむ親水性という、特殊な構造をしています。
小腸に到達するとシクロデキストリンからコエンザイムQ10がゆっくりと放出されて、時間をかけて少しずつ粘膜を通過して吸収されます。その効果は48時間持続すると考えられています。
少しずつ吸収されることで効果を長く持続させることができます。仕事やスポーツに備えてスタミナをつけたい方にお勧めです。

買い置きして長期間保存したい

詳しい情報(クリック)

包接体はシクロデキストリンで包み込むことで熱や光からコエンザイムQ10を守っています。光による酸化と熱による劣化を防ぐことができます。
熱や光で変質したコエンザイムQ10は、健康に悪影響があるという指摘があります。サプリメントを買い置きして長期間保存する方は、安全性の点でも包接体がお勧めです。

Rankingランキング

  • これがイチオシ!ステラの贅沢コエンザイムQ10の公式ページ
  • カネカ還元型コエンザイムQ10の公式ページ
  • ステラの還元型コエンザイムQ10プラスの公式ページ

Otherその他の記事