エラスチンの生成を促すコエンザイムQ10

エラスチンの生成を促すコエンザイムQ10

優れた美容効果を持つことで知られるコエンザイムQ10には、エラスチンの生成を促して肌の保湿力を高める働きが期待されています。
エラスチンは弾力のあるゴムのような線維で「弾性繊維」とも呼ばれています。肌のハリと弾力を保つために欠かせない保湿成分です。ところが40代以降になると、老化によってエラスチンの弾力が低下してしまいます。

コエンザイムQ10は体内のエネルギー産生効率を高めて、エラスチンを作り出している「繊維芽細胞」を活性化してくれます。
線維芽細胞が活発に働くようになるとエラスチンの生成が促されて、ハリと潤いに満ちた肌を保つことができるようになります。

線維芽細胞が生成しているエラスチン

コラーゲンを繋ぎとめハリと弾力を保つ

皮膚は外側から順に表皮、真皮、皮下組織で構成されています。エラスチンが蓄えられているのは真皮層です。とはいえその量は全体の5%程度に過ぎません。
ですがエラスチンは同じ保湿成分であるコラーゲンを繋ぎとめる重要な役目を担っています。量は少なくても要と言える存在なのです。
表皮は常に外気に晒されますが、エラスチンが存在するおかげで皮膚は水分を保つことができ、乾燥を防いでいます。
ところがコラーゲンは加齢や紫外線の影響で減少してしまいます。エラスチンも同じように減少していきます。
どちらか一方でも不足するとハリと弾力を保つことができなくなり、肌がカサついてシワが目立つようになります。

エラスチンを生成している線維芽細胞は加齢によって老化する

エラスチンを作り出しているのは真皮層の線維芽細胞です。ところが年齢を重ねるとエラスチンを生成する力が低下してしまいます。
線維芽細胞は真皮層で細胞分裂が繰り返されることで作られます。加齢によって体内のエネルギー産生効率が低下すると、十分な量のエネルギーが真皮層に供給されなくなります。
その結果、細胞分裂が活発に行われなくなります。新陳代謝が低下するため線維芽細胞の老化が進み、数そのものも減少してしまいます。

線維芽細胞を活性化するコエンザイムQ10

エネルギー産生効率を高める

私たちの体は約60兆個もの細胞によって形作られていますが、その細胞の一つ一つにはミトコンドリアという小器官が存在します。
ミトコンドリアでは線維芽細胞の働きにも必要なATP(アデノシン三リン酸)というエネルギーを作り出しています。コエンザイムQ10はミトコンドリアの働きを助ける補酵素です。
コエンザイムQ10によってミトコンドリアが活性化されると、エネルギー産生効率が高まり、ATPの生成が促されます。

関連記事:コエンザイムQ10でエネルギー産生効率を高める

線維芽細胞を活性化しエラスチンの生成を促す

コエンザイムQ10によってエネルギー産生効率が高まると、豊富なATPが線維芽細胞に供給されます。すると線維芽細胞が活性化されてエラスチンの生成が促されます。
さらにATPが真皮層の細胞全体に供給されることで、細胞分裂が活発になり新しい線維芽細胞が生まれる環境が整います。線維芽細胞の新陳代謝が加速することで、老化による線維芽細胞の減少を防ぐことができます。

関連記事:コエンザイムQ10の保湿効果

中高年世代の方はコエンザイムQ10を積極的に補う必要がある

肌のハリと弾力を保つために欠かせないエラスチンですが、量が少ないため外部から補うのが困難です。一方のコエンザイムQ10は体内で生合成されているうえ、肉や魚など幅広い食品から摂ることができます。
ところが体内のコエンザイムQ10は20歳をピークに加齢によって減少していきます。これは細胞の老化によってコエンザイムQ10の生成量が低下するためと考えられています。
コエンザイムQ10の不足は繊維芽細胞を老化させ、エラスチンの減少に繋がってしまいます。中高年世代の方はサプリメントなどを活用してコエンザイムQ10を積極的に摂ると良いでしょう。

関連記事:コエンザイムQ10は年齢とともに減少する

Rankingランキング

  • これがイチオシ!ステラの贅沢コエンザイムQ10の公式ページ
  • カネカ還元型コエンザイムQ10の公式ページ
  • ステラの還元型コエンザイムQ10プラスの公式ページ

Otherその他の記事