コエンザイムQ10のゼリーの特徴

デザート感覚で気軽に摂れるコエンザイムQ10のゼリー

体の疲れを取り美容にも良いコエンザイムQ10は、サプリメントから気軽に摂れる健康成分として人気があります。
サプリメントにはさまざまな形状があります。その中でもゼリータイプはデザート感覚で気軽に摂ることができます。
また1回分ずつパウチやスティックに小分けにされているため、どこにでも持ち運びすることができます。時間がなく素早く摂りたい方はゼリータイプのコエンザイムQ10を選ぶと良いでしょう。

ゼリータイプのコエンザイムQ10の特徴

コエンザイムQ10のゼリーは、酵母などから抽出したコエンザイムQ10を水に溶かし、甘味料や酸味料、香料などを加えてから、ゲル化剤や寒天で固めて作ります。

デザート感覚で気軽に摂れる

詳しい情報(クリック)

コエンザイムQ10のゼリーは、ツルンとしたのどごしとさっぱりした味わいが特徴で、デザート感覚で気軽に摂ることができます。
マスカットやライチなどの果汁を加えることで、自然な甘味とフルーティーな風味を添加して食べやすくしたゼリーもあります。
薬っぽさが全くないため、粉末や錠剤のサプリメントが苦手な人でも違和感がありません。もちろん水なしでそのまま口に入れられます。
ドリンクのようにお腹に溜まることがなく、カロリーも控えめなので、場面を問わず摂ることができます。
ゼリーは冷たいほうがおいしく感じられるため、可能であれば冷蔵庫で冷やしてから食べると良いでしょう。

エネルギー補給に最適

詳しい情報(クリック)

コエンザイムQ10のゼリーには適度な栄養価があります。糖分、クエン酸、ビタミンB群などを一緒に摂ることができ、仕事や運動で疲れたときのちょっとしたエネルギー補給に最適です。
糖分やクエン酸、ビタミンB群は体を動かすエネルギー源になります。一方のコエンザイムQ10にはこれらの栄養素からエネルギーが作られるのを助ける働きがあります。

パウチやスティックに入っていて持ち運びしやすい

詳しい情報(クリック)

コエンザイムQ10のゼリーは、1回分ずつパウチやスティックに小分けにされているため、軽くて嵩張らず持ち運びしやすいのがメリットです。
器に移さなくてもそのまま口にすることができ、いつでもどこでも短時間でサッと口に入れることができます。
コエンザイムQ10は1日2~3回摂ることが推奨されています。仕事や買い物で日中に外出する方でも、外出先に携帯できるため摂り忘れを防ぐことができます。

水溶性のため吸収性が優れている

詳しい情報(クリック)

コエンザイムQ10は特別な加工を行わない限り、脂に溶ける脂溶性で、脂質の一種です。脂質は胆のうから分泌される胆汁酸で乳化してから吸収する必要があるため、吸収効率の低い栄養素の一つです。
コエンザイムQ10のゼリーは、粉末のコエンザイムQ10を予め水に溶かして、水溶性に加工しています。脂溶性のコエンザイムQ10と比べて、体内での吸収性に優れています。
また脂溶性と違って胃腸に負担がかからないため、空腹時でも摂ることができます。食前でも食後でも自分の好きなタイミングで摂ることができます。

水分や添加物が多く純度が低い

詳しい情報(クリック)

ゼリーには水分が多く含まれています。水に溶かしたコエンザイムQ10を固めるゲル化剤や寒天、食べやすくする目的で甘味料、酸味料、香料などの添加物が加えられています。
そのため粉末や錠剤などと比べると、どうしても不純物が多くなり純度が低くなります。

ゼリータイプのコエンザイムQ10はこんな人に適している

コエンザイムQ10のゼリーはデザート感覚で摂ることができます。粉末や錠剤などの薬っぽいサプリメントは苦手という方、とにかく気軽に摂りたい方に適しています。
さらに1回分ずつパウチやスティックに小分けされているため、その場でサッと摂ることができ、どこにでも持って行くことができます。仕事や家事で忙しく時間がない方や、日中に外出する方にも適しています。
一方で水分が多く、ゼリーに加工する目的で加えるゲル化剤や寒天、味と香りを良くする甘味料や酸味料、香料などが加えられているため、純度が低くなります。
内容量が少なめであり1回分ずつ小分けにされているため、コストパフォーマンスが良くありません。コエンザイムQ10を効率的に摂りたい方はゼリーよりも錠剤やカプセルがお勧めです。

関連記事:コエンザイムQ10の錠剤の特徴
関連記事:コエンザイムQ10のカプセルの特徴

コエンザイムQ10の含有量を確認してから購入する

水分が多いためどうしても純度が低くなるゼリーは、粉末や錠剤に比べてコエンザイムQ10の含有量が少ない傾向にあります。中には1袋当たり30mg程度しか含まれていないものもあります。
健康増進や老化予防を目的とする場合、1日の摂取量は60~100mgが目安となります。ただしこの量はあくまで専門家の見解であり、厚生労働省がお墨付きを与えているわけではありません。
いずれにしても1回分で30mg程度ではとても足りないのです。いくらデザート感覚で気軽に摂ることができても、十分な効果を得ることができなければ意味がありません。ゼリーを購入する際は、必ずコエンザイムQ10の含有量を確認しましょう。

関連記事:コエンザイムQ10の1日の目安量

Rankingランキング

  • これがイチオシ!ステラの贅沢コエンザイムQ10の公式ページ
  • カネカ還元型コエンザイムQ10の公式ページ
  • ステラの還元型コエンザイムQ10プラスの公式ページ

Otherその他の記事