一緒に配合している成分でコエンザイムQ10を選ぶ

体の疲れを取り美容にも良いコエンザイムQ10は、サプリメントから気軽に摂ることができる健康成分です。
サプリメントにはコエンザイムQ10以外に、相性の良い成分を組み合わせて配合している場合があります。一緒に摂ることで相乗効果が期待できます。
抗酸化作用であったり美肌効果であったり、どの効果が強く現われるかは成分の組み合わせ次第です。自分が得たい効果が期待できる成分を配合したサプリメントを選ぶと良いでしょう。

ビタミンE

期待できる効果:抗酸化作用、動脈硬化の予防

詳しい情報(クリック)

ビタミンEはコエンザイムQ10と最も相性の良い成分の一つです。どちらにも優れた抗酸化作用があり、体内で一緒に働くことで相乗効果が期待できます。
余分な活性酸素を除去し、細胞の機能低下や老化を防ぎます。どちらも脂に溶ける脂溶性の成分であり、脂質の酸化を抑える働きがあります。
中性脂肪や悪玉コレステロールの酸化を抑えることで、動脈硬化の予防に繋がります。

またコエンザイムQ10は、活性酸素を除去する際に消費されたビタミンEを還元します。つまりビタミンEの減少を抑えてくれます。
活性酸素は加齢によって増加しますから、ビタミンEを一緒に配合したサプリメントは中高年世代の方にお勧めです。

関連記事:コエンザイムQ10と合わせて摂りたいビタミンE
関連記事:コエンザイムQ10で動脈硬化を予防する

ビタミンC

期待できる効果:抗酸化作用、美肌効果

詳しい情報(クリック)

ビタミンCはビタミンEと同様に優れた抗酸化作用があり、コエンザイムQ10と相性の良い成分の一つです。コエンザイムQ10とともに体内で増えすぎた活性酸素を除去してくれます。
またビタミンCにはコラーゲンの原料となる「ヒドロキシプロリン」を作る働きがあり、コラーゲンを作っている「繊維芽細胞」を活性化して、コラーゲンの生成を促します。
コエンザイムQ10にも繊維芽細胞を活性化してコラーゲンの生成を促す働きがありますから、一緒に摂ることで肌の保湿力を高めることができます。

関連記事:コエンザイムQ10と合わせて摂りたいビタミンC

ビタミンB群

期待できる効果:疲労回復効果

詳しい情報(クリック)

私たちが食事から摂取した炭水化物、たんぱく質、脂質は小腸でそれぞれブドウ糖、アミノ酸、脂肪酸に分解されます。これらを材料に体に必要なエネルギーを作り出す仕組みが「TCAサイクル(クエン酸回路)」です。
ビタミンB群はTCAサイクルを動かすために不可欠な成分です。一方のコエンザイムQ10は細胞の小器官であるミトコンドリアを活性化することで、ATP(アデノシン三リン酸)と呼ばれるエネルギーを作り出しています。
コエンザイムQ10とビタミンB群を一緒に摂ることで、エネルギー産生効率を高めることができ、疲労回復を促すことができます。

関連記事:コエンザイムQ10と合わせて摂りたいビタミンB群
関連記事:コエンザイムQ10で疲労回復

コラーゲン

期待できる効果:美肌効果

詳しい情報(クリック)

たんぱく質の一種であるコラーゲンは、肌の潤いと弾力を保つために不可欠な成分です。コラーゲンは40代以降になると大きく減少するため、中高年女性は積極的に摂りたいところです。
コエンザイムQ10はコラーゲンの生成を促してくれます。二つの成分を一緒に摂ることで、加齢によって減少したコラーゲンを補い、ハリと潤いに満ちた若々しい肌を保つことができます。

関連記事:コエンザイムQ10と合わせて摂りたいコラーゲン
関連記事:コラーゲンの生成を促すコエンザイムQ10

ヒアルロン酸

期待できる効果:美肌効果、関節痛の緩和

詳しい情報(クリック)

ヒアルロン酸は保水力に優れた成分です。コラーゲンとともに肌の潤いと弾力を保つ役目を担っています。さらに膝などの関節を支えるクッションの役目も担っています。
ヒアルロン酸もコラーゲンと同様に加齢によって減少します。このヒアルロン酸を作っているのも繊維芽細胞です。コエンザイムQ10は繊維芽細胞にエネルギーを供給し、ヒアルロン酸の生成を促します。
二つの成分を一緒に摂ることで、肌のハリと潤いを保ち、膝などの関節痛を緩和する効果が期待できます。

関連記事:コエンザイムQ10と合わせて摂りたいヒアルロン酸

α-リポ酸

期待できる効果:疲労回復、運動機能向上、抗酸化作用

詳しい情報(クリック)

α-リポ酸はコエンザイムQ10と同じミトコンドリアの働きを助ける補酵素です。ブドウ糖、アミノ酸、脂肪酸をミトコンドリア内に取り込むのを助ける重要な働きをしています。
一方のコエンザイムQ10はミトコンドリアを活性化して、ATPの生成を助けています。ですからこの二つの成分を一緒に摂ることで、エネルギー産生効率を高めることができます。
疲労回復を促し、運動パフォーマンスを向上させる効果が期待できます。またどちらも優れた抗酸化作用があり、活性酸素を除去する働きがあります。

関連記事:コエンザイムQ10と合わせて摂りたいα-リポ酸
関連記事:コエンザイムQ10で疲労回復

L-カルニチン

期待できる効果:ダイエット効果

詳しい情報(クリック)

L-カルニチンは脂質の代謝に不可欠な物質です。食事から摂った脂質は脂肪酸に分解され、エネルギーを作る材料としてミトコンドリア内に取り込まれます。
ところが脂肪酸のままではミトコンドリアの膜を通過することができません。そこでL-カルニチンが脂肪酸と結合することで、ミトコンドリア内に運んでいるのです。
このためL-カルニチンには脂肪の燃焼を促す作用が認められていて、ダイエット効果が期待されています。コエンザイムQ10には代謝を向上させる効果がありますから、二つの成分を一緒に摂ることで相乗効果が期待できます。

関連記事:コエンザイムQ10と合わせて摂りたいL-カルニチン
関連記事:ダイエット効果が期待されているコエンザイムQ10

ローヤルゼリー

期待できる効果:高血圧の改善、動脈硬化の予防

詳しい情報(クリック)

ローヤルゼリーには血圧を改善するペプチド含まれていることが分かっています。コエンザイムQ10にも血圧を下げる作用があります。ですからこの二つの成分を一緒に摂ることで、高血圧を改善する効果が期待できます。

ほかにもローヤルゼリーには血中コレステロール値の上昇を抑える作用があります。血中悪玉コレステロールが増加すると、活性酸素によって酸化して過酸化脂質に変わります。
この過酸化脂質が増えることが動脈硬化の原因です。活性酸素を除去するコエンザイムQ10と一緒に働くことで、悪玉コレステロールの増加と酸化の両方に対処することができ、動脈硬化の予防に繋がります。

関連記事:コエンザイムQ10で高血圧を改善する
関連記事:コエンザイムQ10で動脈硬化を予防する

Rankingランキング

  • これがイチオシ!ステラの贅沢コエンザイムQ10の公式ページ
  • カネカ還元型コエンザイムQ10の公式ページ
  • ステラの還元型コエンザイムQ10プラスの公式ページ

Otherその他の記事