コエンザイムQ10でシミを予防する

コエンザイムQ10は、シミの予防に効果的です。
コエンザイムQ10は、肌のターンオーバーを整えることでメラニンの排出を促し、シミを予防します。また、シミを引き起こす原因物質を除去する働きがあります。

シミが出来るメカニズム

メラニン色素は紫外線から肌を守っている

詳しい情報(クリック)

肌は外側から順番に表皮、真皮、皮下組織の三つの層によって構成されています。肌は強い紫外線を浴びると、表皮にある「メラノサイト(色素細胞)」によってメラニン色素が作られます。
メラニン色素は日焼けの原因のためマイナスイメージで見られがちです。しかし、肌はメラニン色素を作ることで紫外線によって肌細胞が破壊されるのを防いでいるのです。
強い紫外線を浴び続けると皮膚がんなどのリスクを高めてしまいます。実際にメラニン色素の少ない白人はメラニン色素を多く持つ黒人やアジア人よりも、皮膚がんの罹患率が高いことが分っています。

メラニン色素の沈着がシミを引き起こす

詳しい情報(クリック)

メラニン色素は良い働きをする一方で、美肌の面ではマイナスに作用します。日焼けや黒ずみもその一つですが、メラニン色素が沈着することでシミやそばかすが出来やすくなります。
もちろん肌が正常な状態であれば、強い紫外線を浴びてメラニン色素が作られても自然に排出されます。しかし、何らかの原因でメラニン色素の排出がスムーズに行われなくなると、表皮層から真皮層に沈着してしまいます。

ターンオーバーの乱れがメラニン色素を沈着させる

ターンオーバーとは

詳しい情報(クリック)

シミの原因はメラニン色素の沈着です。皮膚は常に新しい細胞が作られて定期的に古い細胞と入れ替わります。この現象を「ターンオーバー」と呼びます。
ターンオーバーは、まず表皮の最下層である基底層で細胞が分裂を繰り返し、新しい細胞が生まれるところから始まります。
基底層で生まれた細胞は、さらに新しく生まれた細胞によって上へ上へと押し上げられていきます。そして最終的には角質(ケラチン)となって皮膚表面の角質層から垢として自然に剥がれ落ちていきます。
肌はこのサイクルによって老廃物を排出し、機能を保っているのです。正常な人のターンオーバーは約28日とされています。

ターンオーバーが乱れる原因

ターンオーバーが乱れる原因は主に以下の三つです。

加齢

個人差がありますがターンオーバーの周期は年齢を重ねるごとに遅れていきます。これは一般的に加齢によって新陳代謝が低下するためです。
20代のうちは28日で生まれ変わっていた肌が、30~40代になると45日程度かかるようになります。そのためシミを防ぐためには肌の新陳代謝を促すスキンケアを入念に行う必要があります。

血流の悪化

体の隅々に張り巡らされた毛細血管は、血液とともに全身に栄養を運ぶ役目を担っています。肌に必要な栄養は毛細血管によって真皮層まで送られ、皮膚組織に供給されます。
ターンオーバーを正常に保つためには全身の肌に栄養を送る毛細血管の働きが重要です。ところが、加齢や病気などが原因で血流が悪化すると、必要な栄養を十分に供給することができなくなります。
その結果として、新しい細胞が出来るまでに時間がかかるようになり、ターンオーバーが遅れがちになります。

活性酸素

強い紫外線を浴びると体内で活性酸素が作られ、肌細胞を酸化させ表皮層を破壊して肌を老化させてしまいます。その結果としてターンオーバーが遅くなり、シミやそばかすが出来やすくなります。

メラニン色素の過剰生成を引き起こす活性酸素

日常的に強い紫外線を浴びる生活を送っていると、活性酸素によって表皮の「角化細胞」が遺伝子変異を起してしまいます。
角化細胞が持つ遺伝子は紫外線を浴びたときに肌を守ろうと「メラニン色素を作れ」と指令を出します。ところが活性酸素によって遺伝子変異が起こるとこの機能に異常が生じます。
紫外線を浴びていなくても指令を出し続けるようになり、常にメラノサイトに多量のメラニン色素を作らせてしまいます。
このようにしてメラニン色素が過剰に生成されると、ターンオーバーでは排出が追いつかなくなります。そしてシミやそばかすがたくさん出来てしまいます。

シミを予防するコエンザイムQ10

血流を整えてターンオーバーを促す

コエンザイムQ10はもともと軽度の心不全の治療薬として開発されました。片時も休みなく稼動し拍動を1日10万回行う心臓は、他の臓器とは比べものにならないほど多くのエネルギーを消費します。
その中でも重要な働きをしているのが心臓のポンプ機能を支える心筋です。血液を心臓から大動脈に押し出す心筋の働きが低下すると、血流が悪化して全身に十分な栄養を行き渡らせることが難しくなります。

コエンザイムQ10は心筋の働きに必要なエネルギーの産生を促し、ポンプ機能を回復させて血流を整えてくれます。血流が改善すると、肌が新しい細胞を作るために必要な栄養がスムーズに供給されるようになり、ターンオーバーが促されます。
その結果として、紫外線によって作られたメラニン色素の排出が進み、シミやそばかすの予防に繋がります。

活性酸素を除去してシミを予防する

優れた抗酸化作用を持つ還元型コエンザイムQ10

コエンザイムQ10には体内で増えすぎた活性酸素を除去する優れた抗酸化作用があります。ただし、全てのコエンザイムQ10に抗酸化作用があるわけではありません。
コエンザイムQ10は大きく分けて酸化型と還元型があります。このうち抗酸化作用が認められているのは還元型のみです。一方の酸化型は体内で還元酵素によって還元型に変換されてから利用されます。ですから酸化型に全く効果がないわけではありません。

肌の老化を抑制するコエンザイムQ10

優れた抗酸化作用を持つコエンザイムQ10は、活性酸素によって脂質が酸化して過酸化脂質に変わるのを抑制し、細胞膜を保護してくれます。
また、コエンザイムQ10は紫外線によって発生した活性酸素を中和することで、肌細胞が破壊されて老化するのを抑制します。
その結果、肌の老化によってメラニン色素が真皮層に沈着して、シミが作られるのを予防することができます。

メラニンの過剰生成を抑制する

さらにコエンザイムQ10は、強い紫外線を浴びたときに角化細胞がメラニン色素を過剰に生成するのを抑制する働きがあると考えられています。
これはコエンザイムQ10が活性酸素を除去することで、角化細胞によってメラニン色素の合成に関係するサイトカイン(リンパ球から分泌されるたんぱく質)が作られるのを防ぐためとされています。

ビタミンCと一緒に摂るとより効果的

私たちの体内ではビタミンE、ビタミンC、そしてコエンザイムQ10といった抗酸化物質を働かせることで、余分な活性酸素を除去しています。
その中でもビタミンCには、シミやそばかすの原因であるメラニン色素の生成を抑える働きがあります。コエンザイムQ10とビタミンCはとても相性が良い組み合わせです。一緒に摂ることで相乗効果が期待できます。

Rankingランキング

  • これがイチオシ!ステラの贅沢コエンザイムQ10の公式ページ
  • カネカ還元型コエンザイムQ10の公式ページ
  • ステラの還元型コエンザイムQ10プラスの公式ページ

Otherその他の記事