くすみを防ぐCoQ10の効果

くすみを防いで透明感のある肌へ導くコエンザイムQ10

美容に良いことで知られるコエンザイムQ10は、くすみを防ぐ効果が期待でき、透明感のある明るい肌へと導いてくれます。
肌の透明感とツヤが失われて、顔全体が暗く見えるくすみは、ターンオーバー(新陳代謝)の乱れや血行不良によって引き起こされます。
コエンザイムQ10には体内のエネルギー産生効率を高める働きがあります。肌細胞にエネルギーを供給することでターンオーバーの乱れを整えます。
さらに心臓のポンプ機能を強化することで血行を促進する効果が期待できます。くすみが気になる方は、コエンザイムQ10を積極的に摂ると良いでしょう。

ターンオーバーの乱れを改善しくすみを防ぐ

くすみを引き起こすターンオーバーの乱れ

くすみができる主な原因はターンオーバーの乱れです。肌が紫外線を浴びると「メラノサイト(メラニン細胞)」でメラニン色素が作られます。
日焼けと同じメカニズムです。とはいえ普通ならメラニン色素は、ターンオーバーによって古い角質と一緒に自然に排出されます。
ところが加齢などが原因でターンオーバーが乱れると、メラニン色素の排出が進まなくなり、くすみが目立つようになります。

ターンオーバーを促すコエンザイムQ10

正常なターンオーバーを保つためには、肌細胞にATP(アデノシン三リン酸)と呼ばれるエネルギーを供給して活性化する必要があります。
このATPを作り出しているのは細胞内の小器官であるミトコンドリアです。コエンザイムQ10はミトコンドリアの働きを助ける補酵素として存在しています。
コエンザイムQ10にはエネルギー産生効率を高める働きがあり、ミトコンドリアを活性化してATPの生成を促します。
その結果として、肌細胞に十分な量のATPが供給されます。すると細胞分裂が活発になり新しい細胞が次々に生まれることで、ターンオーバーが促されてくすみを防ぐことができます。

血行を促進してくすみを防ぐ

血行不良が引き起こすくすみ

目の下にクマが出来やすい方や体がむくみやすい方は、肌がくすみやすいと言われています。その原因の一つが血行不良です。
皮膚は外側から順に表皮、真皮、皮下組織によって構成されています。このうち真皮層と皮下組織には毛細血管が張り巡らされていて、肌に栄養を供給しています。
ところが血行不良によって血液の循環が悪くなると、毛細血管が機能しなくなります。その結果として、肌が栄養不足に陥って代謝が低下し、くすみが目立つようになります。

心臓のポンプ機能を強化するコエンザイムQ10

心臓機能の低下が血行不良を引き起こす

心臓は収縮と弛緩を繰り返すことで、体内の血液を循環させています。このポンプの役目を担っているのが心臓の筋肉である心筋です。
ところが心臓機能が低下すると、心筋の働きが弱くなり十分な量の血液を大動脈に押し出すことができなくなります。
その結果として、血液が下半身に溜まりやすくなり血行不良が引き起こされます。足はむくんで肌はくすみが目立つようになります。

ポンプ機能を強化して血行不良を改善する

24時間365日稼動しつづける心臓は、他の器官とは比べ物にならないほど多くのエネルギーを必要としています。そのため体内で最も多くのコエンザイムQ10が蓄えられています。
その中でも最も消耗が激しい心筋の細胞に特に多く蓄えられています。ですからコエンザイムQ10を毎日継続的に摂ることで、心筋の細胞を活性化しポンプ機能を強化することができます。
それによって「心拍出量(心臓が血液を押し出す力)」が増加し、血液の循環が促されることで血行不良が改善され、くすみを防ぐことができます。

関連記事:コエンザイムQ10で血流改善

コエンザイムQ10を配合した化粧品がお勧め

くすみを防ぎ透明感のある肌を保つためには、毎日のスキンケアが大切です。肌の潤いが不足すると乾燥によってターンオーバーが乱れやすくなります。
そこでお勧めしたいのがコエンザイムQ10を配合したスキンケア化粧品です。コエンザイムQ10と相性の良いコラーゲンやヒアルロン酸も一緒に配合されています。
コエンザイムQ10とともにコラーゲンやヒアルロン酸を肌に浸透させることで、潤いをキープしてターンオーバーを正常な周期に戻すことができます。
またクリームを使用する際は、軽く肌をなでるようにするとマッサージ効果によって血行が促進され一石二鳥です。

関連記事:コエンザイムQ10の乳液の特徴
関連記事:コエンザイムQ10のクリームの特徴

Rankingランキング

  • これがイチオシ!ステラの贅沢コエンザイムQ10の公式ページ
  • カネカ還元型コエンザイムQ10の公式ページ
  • ステラの還元型コエンザイムQ10プラスの公式ページ

Otherその他の記事