頭痛予防にコエンザイムQ10

日本人の4人に1人が悩まされている頭痛

詳しい情報(クリック)

頭痛は日本人の4人に1人が発症していると言われています。私たちの脳には痛みを感じる受容体が存在します。頭痛は血管の拡張や自律神経の乱れ、炎症や出血などの刺激を受容体が受けることで起こるとされています。
とはいえさまざまな要因が複雑に関係しているため、必ずしも原因がはっきりしているわけではありません。多くは検査をしてもはっきりとした異常が見つからず、症状が繰り返されます。
そのため痛み止めなどで一時的に頭痛を抑えても、再発しやすく完治しにくいのが実情です。頭痛はそれ自体が命に関わるわけではありませんが、日常生活への影響が大きいため早めに対処したいところです。

頭痛の種類

詳しい情報(クリック)

頭痛は大きく分けて原因がはっきりしない「一次性頭痛」と、脳出血や髄膜炎といった病気によって発生する「二次性頭痛」があります。
このうち一次性頭痛は主に以下の3種類があります。

・緊張性頭痛
・片頭痛
・群発頭痛

頭痛持ちの人は体内のコエンザイムQ10が不足している

エネルギー産生効率を高めるコエンザイムQ10

コエンザイムQ10は細胞内の小器官であるミトコンドリアの働きを助ける補酵素です。ミトコンドリアは体内で使われるエネルギーの95%以上を作り出しています。
コエンザイムQ10によってミトコンドリアの働きが活性化されることで、エネルギー産生効率を高めることができます。私たちが健康で元気に生活するためにはコエンザイムQ10の存在が不可欠です。

頭痛持ちの人はコエンザイムQ10の血中濃度が低い

ところが体内のコエンザイムQ10は加齢や病気などさまざまなことが原因で減少してしまいます。頭痛もその一つとされています。
体内のコエンザイムQ10の量は血中濃度である血漿中に含まれる量を測ることで分かります。健康な成人の血中濃度は約0.77μg/mlです。(参考元1)
一方で慢性的な頭痛持ちの方は0.6μg/ml程度と、(参考元2)健康な人よりも低いことが確認されています。コエンザイムQ10が不足している方は、食事やサプリメントから積極的に補う必要があります。

【小児から10代の頭痛患者を対象に行った研究結果】

アメリカのシンシナティ小児病院医療センターが小児から10代の男女を対象に行った研究によると、頭痛持ちの患者の多くはコエンザイムQ10が欠乏状態にあるとしています。
また女性は男性よりも、慢性的な片頭痛患者は突発的な頭痛患者よりも、この傾向が顕著であることが分かりました。(参考元3)

コエンザイムQ10で頭痛を予防する

自律神経を整えて頭痛を予防する

自律神経の乱れが頭痛を引き起こす

頭痛の原因の一つに自律神経の乱れがあります。私たちの体は脳が指令を出し自律神経を通して全身の器官に伝えることで、臓器を動かしたり体温を調整したりしています。
自律神経には活発に活動する時に優位になる交感神経と、心身が落ち着いた状態で優位になる副交感神経があります。この二つの自律神経を自動的に切り替えることで、さまざまな生理作用をコントロールしているのです。
ところが強いストレスやホルモンバランスの乱れによって自律神経のバランスが乱れると、交感神経と副交感神経の切り替えが上手くできなくなります。このような状態を「自律神経失調症」と呼びます。

更年期障害が引き起こす頭痛

中高年世代の女性に多い更年期障害は、女性ホルモンであるエストロゲンの分泌が低下することで引き起こされます。
個人差がありますが女性は40代後半から更年期障害を発症しやすくなります。更年期障害になるとホルモンバランスが乱れやすくなり、頭痛、めまい、ほてり、発汗、冷え、疲労感などの症状を感じやすくなります。
ホルモンバランスが大きく乱れることで自律神経の働きにも影響があり、自律神経失調症を発症することがあります。

自律神経を整えるコエンザイムQ10

コエンザイムQ10には神経細胞に働きかけることで自律神経を整える効果が期待されています。強いストレスやホルモンバランスの乱れが引き起こす頭痛の予防に有効です。
更年期障害の方は、女性ホルモンであるエストロゲンと同様の作用をもたらす大豆イソフトボンと一緒に摂るとより効果的です。

血流を改善して頭痛を予防する

血流の悪化が引き起こす頭痛

頭痛の原因の一つに血流の悪化があります。人間は立っている時間が長いため、頭部に血液を送るためには重力に逆らって血液を押し出す必要があります。
ところが心臓のポンプ機能が低下すると血液を押し出す力が弱くなり、立っている状態では頭部に送られる血液の量が不足してしまいます。このような状態では脳の血液循環が悪くなるため頭痛が引き起こされます。

心臓機能を回復させることで血流を改善し頭痛を予防する

コエンザイムQ10はもともと心臓機能が低下する「うっ血性心不全」の治療薬として開発されました。コエンザイムQ10を摂ることで心臓のポンプ機能が回復し、血液を大動脈に押し出す力が強くなります。
頭部に十分な量の血液が送られることで、脳の血液循環が改善されて頭痛の予防に繋がります。

片頭痛を予防するコエンザイムQ10

日本で約840万人が悩まされている片頭痛

詳しい情報(クリック)

こめかみから目のあたりにかけてズキズキとした発作的な痛みが引き起こされる片頭痛は、短くて数時間、長いときは2~3日間続くとても辛い症状です。
日本で片頭痛患者は約840万人に上り、(参考元4)深刻な現代病の一つです。また女性ホルモンの分泌量とも関係があるため、20~40代に女性に多いのも特徴です。

コエンザイムQ10が片頭痛を予防する

片頭痛の原因は脳血管の拡張と炎症ですが、ミトコンドリアの機能低下によってエネルギーが不足することも要因として挙げられています。
そこで効果を発揮するのがコエンザイムQ10です。サプリメントなどから摂ったコエンザイムQ10が脳細胞に供給されることで、ミトコンドリアの働きを活性化することができます。

臨床試験で効果が認められている

これまでに行われた臨床試験ではコエンザイムQ10を摂ることで片頭痛を予防できることが確認されています。

【コエンザイムQ10の効果を示す試験結果】

片頭痛患者32名を対象に、コエンザイムQ10を1日150mg、3ヶ月間摂ってもらいました。その結果、患者の61.3%で1ヶ月に症状が発生した平均日数が50%以上減少することが確認されました。(参考元5)

頭痛を予防するために行いたいこと

規則正しい生活を心がける

勘違いしてはいけないのは、コエンザイムQ10を摂るだけで頭痛を予防できるわけではありません。なぜならコエンザイムQ10には即効性がないからです。
また生活習慣の乱れによって健康状態を悪化させてしまうと、その力を十分に引き出すことができません。頭痛の予防にはコエンザイムQ10を摂るだけでなく生活習慣を見直す必要があります。
まずは規則正しい生活を心がけましょう。疲労を溜めないように睡眠時間をしっかり確保して、毎日の食事からバランス良く栄養を摂りましょう。

ストレスを溜めない

頭痛を予防するためにはストレスを溜めないことが大切です。強いストレスは自律神経の乱れを引き起こすため、頭痛の大敵とされています。特に緊張性頭痛は精神的・身体的ストレスが原因と考えられています。
また強いストレスを感じている人は体内のコエンザイムQ10が不足しやすいことも分かっています。体内のコエンザイムQ10を減らさないためにもストレスへの対処が必要です。
現代人はかつてないほど強いストレスに晒されています。仕事や家事に追われる多忙な生活を送っている方は、無意識のうちにストレスを溜めてしまいがちです。
定期的に趣味やスポーツなどで息抜きをする時間を作り、ストレスを発散させましょう。ストレスに対処することで自律神経の乱れが改善されて、頭痛を予防することができます。

参考元1:コエンザイムQ10の基礎と応用 コエンザイムQ10協会編 丸善出版
参考元2:コエンザイムQ10の魅力 神様の贈り物 永田勝太郎 著 佐久書房
参考元3:Many with migraines have vitamin deficiencies, says study
参考元4:一般社団法人日本頭痛協会について - zutsuu-kyoukai ページ!
参考元5:Open label trial of coenzyme Q10 as a migraine preventive.

Rankingランキング

  • これがイチオシ!ステラの贅沢コエンザイムQ10の公式ページ
  • カネカ還元型コエンザイムQ10の公式ページ
  • ステラの還元型コエンザイムQ10プラスの公式ページ

Otherその他の記事