コエンザイムQ10と合わせて摂りたいヒアルロン酸

コエンザイムQ10と一緒に摂りたいヒアルロン酸

コエンザイムQ10は優れた美容効果が期待できることから、いま注目されている成分です。健康食品として認可されていて、サプリメントから気軽に摂ることができます。
そこでコエンザイムQ10と一緒に摂りたいのがヒアルロン酸です。肌や軟骨など体内に広く存在するヒアルロン酸は優れた保水力があります。
美容面ではハリと潤いのある肌を保ってくれます。健康面では膝関節を支えるクッションの役目を担い、関節痛を防いでくれます。
一方のコエンザイムQ10にはヒアルロン酸の生成を促す働きが期待できます。ですからこの二つの成分はとても相性が良く、併用することで相乗効果が期待できます。

ヒアルロン酸の働き

肌のハリと潤いを保つ

肌は外側から順に表皮、真皮、皮下組織によって構成されています。ヒアルロン酸は真皮層に存在し、肌のハリと潤いを保つ働きをしています。
また保水力に優れていて、1gあたり6Lもの水分を蓄える力があります。表皮が乾燥に晒されても潤いを保つことができるのは、真皮層のヒアルロン酸が大量の水分を蓄えているおかげです。
ヒアルロン酸が減少すると、乾燥によって肌からハリと潤いが失われます。

関節を衝撃から守る

ヒアルロン酸は軟骨にも存在し、膝などの関節を支えるクッションの役目を担っています。私たちが自然に関節を曲げ伸ばしできるのは、弾力性に優れたヒアルロン酸が衝撃を吸収しているからです。
軟骨にヒアルロン酸があるおかげで、関節を衝撃から守ることができ、痛みが出るのを防いでいます。ヒアルロン酸が減少すると、関節を衝撃から守ることができなくなります。

ヒアルロン酸の生成を促すコエンザイムQ10

エネルギー産生効率を高める

コエンザイムQ10は細胞の小器官であるミトコンドリアの働きを助ける補酵素です。ミトコンドリアでは生命活動に不可欠なATP(アデノシン三リン酸)と呼ばれるエネルギーを作り出しています。
コエンザイムQ10はミトコンドリアを活性化することで、エネルギー産生効率を高めてATPの生成を促しています。

関連記事:コエンザイムQ10でエネルギー産生効率を高める

ATPを供給して繊維芽細胞を活性化する

ヒアルロン酸を作り出しているのは真皮層に存在する「繊維芽細胞」です。コエンザイムQ10によって繊維芽細胞にATPが供給されると、細胞分裂が活発になり新しい繊維芽細胞が作られます。
こうして新陳代謝がスムーズに進むことで、繊維芽細胞の減少と老化を防ぐことができます。その結果として、繊維芽細胞が活性化されてヒアルロン酸の生成が促されます。

関連記事:コエンザイムQ10の保湿効果

動脈硬化を予防して繊維芽細胞に栄養分を届ける

コエンザイムQ10には血流を整える作用があります。真皮層には毛細血管が張り巡らされていて、繊維芽細胞に必要な栄養分を運んでいます。
ところが加齢などによって毛細血管が「動脈硬化」に陥ると、栄養状態の悪化によって繊維芽細胞の新陳代謝が遅くなってしまいます。
コエンザイムQ10には優れた抗酸化作用があり、余分な活性酸素を除去することで動脈硬化を防ぐ働きが期待されています。
それによって繊維芽細胞に必要な栄養分が供給されて、ヒアルロン酸の生成が促されます。

関連記事:コエンザイムQ10で血流改善

コエンザイムQ10とヒアルロン酸を効率良く摂る

中高年の方は積極的に補う必要がある

コエンザイムQ10もヒアルロン酸も加齢によって減少する成分です。コエンザイムQ10は20歳をピークに減少し、40代以降になると減少幅が大きくなります。
一方のヒアルロン酸は年齢を重ねるごとに右肩下がりに減少していきます。これは繊維芽細胞の減少と老化によってヒアルロン酸を作る力が低下するためと考えられています。
特に皮膚に含まれるヒアルロン酸の量は赤ちゃんを100とすると高齢者は5まで減少するとされています。
どちらの成分も中高年の方は健康と美容を維持するために、積極的に補う必要があります。

関連記事:コエンザイムQ10は年齢とともに減少する

食事から摂るのは難しい

体内で利用されるコエンザイムQ10の約半分は全身の細胞で生合成されています。残りは食事から摂る必要があり、肉や魚、油脂類など幅広い食品に含まれています。
とはいえ一つ一つの食品に含まれる量はあまり多くありません。中高年の方や病気やストレスを抱えている方は、体内のコエンザイムQ10が不足するため、食事から摂るだけでは不十分と言われています。
一方のヒアルロン酸はフカヒレなどに多く含まれていますが、分子が大きいため吸収されにくく、食事から摂るのが難しい成分です。

関連記事:コエンザイムQ10は食事だけで摂取できるか

サプリメントから効率的に摂る

コエンザイムQ10とヒアルロン酸を効率的に摂りたい方はサプリメントを活用しましょう。水と一緒に数粒を口に入れるだけで、1日に必要な量を手軽に摂ることができます。
最近ではコエンザイムQ10とヒアルロン酸が相性が良いことに着目して、両方の成分を配合したサプリメントが増えています。
別々に摂っても効果は変わりませんが、より効率良く摂りたい方は両方を配合したサプリメントがお勧めです。

コエンザイムQ10とヒアルロン酸を併用する際の注意点

摂り過ぎに注意

詳しい情報(クリック)

コエンザイムQ10は非常に安全性が高く、副作用が少ない成分です。ただし大量に摂取すると副作用が起こる可能性が指摘されています。
サプリメントに記載されている1日の摂取目安量を守り、摂り過ぎないようにしましょう。
一方のヒアルロン酸は摂り過ぎても健康への影響は少ないとされています。しかし、全く副作用が起こらないという保証はないため、こちらも大量摂取は控えましょう。

関連記事:コエンザイムQ10の副作用

持病のある方はかかりつけの医師に相談する

詳しい情報(クリック)

持病がある方は薬の作用に影響する可能性があるため、必ずかかりつけの医師に相談してください。薬との飲み合わせの判断には専門的な知識が必要です。自分で判断せずに医師の指示を得てください。

Rankingランキング

  • これがイチオシ!ステラの贅沢コエンザイムQ10の公式ページ
  • カネカ還元型コエンザイムQ10の公式ページ
  • ステラの還元型コエンザイムQ10プラスの公式ページ

Otherその他の記事