得たい効果に合ったコエンザイムQ10を選ぶ

優れた疲労回復効果や抗酸化作用が認められているコエンザイムQ10は、サプリメントから気軽に摂れる健康成分です。
とはいえとにかく摂れば良いというものではありません。コエンザイムQ10の種類や一緒に配合されている成分によって、得意とする効果効能が異なります。自分が得たい効果に合ったサプリメントを選ぶと良いでしょう。

アンチエイジング効果を得たい方

還元型のコエンザイムQ10

詳しい情報(クリック)

老化による体の衰えや白髪・抜け毛が気になる方は、優れたアンチエイジング効果が期待できる還元型のコエンザイムQ10がお勧めです。
還元型は体内でそのまま利用することができ、より多くのエネルギーが生成されます。細胞に豊富なエネルギーを供給することで、代謝が活性化されて加齢による衰えが緩和されます。
さらに還元型には抗酸化作用があり、体内で増えすぎた活性酸素(※1)を除去する働きがあります。活性酸化によって細胞が傷ついて老化するのを抑えてくれます。
また活性酸素の増加が原因とされる白髪や抜け毛にも効果的で、若々しい髪を保つことができます。

(※1)強い酸化作用を持ち細胞や血管を錆つかせて機能を低下させる。体内に取り込まれた酸素のうち最大5%程度が活性酸素に変わるとされる。

関連記事:還元型コエンザイムQ10とは
関連記事:コエンザイムQ10の抗酸化作用

ビタミンEを配合したサプリメント

詳しい情報(クリック)

ビタミンEには優れた抗酸化作用があり、コエンザイムQ10ととても相性が良い成分です。また脂溶性のビタミンであることから、脂質の酸化を抑える働きがあります。
一方のコエンザイムQ10には、活性酸素の除去に使われたビタミンEを元に戻す作用があります。この二つの成分を配合したサプリメントは、中高年世代に多い動脈硬化を予防する効果が期待できます。
動脈硬化は血中悪玉コレステロールが活性酸素によって酸化して、「過酸化脂質」に変わることで引き起こされます。
コエンザイムQ10とビタミンEが一緒に働くことで、悪玉コレステロールが酸化して過酸化脂質に変わるのを防いでくれます。

関連記事:コエンザイムQ10で動脈硬化を予防する
関連記事:コエンザイムQ10と合わせて摂りたいビタミンE

疲労回復効果を得たい方

α-リポ酸を配合したサプリメント

詳しい情報(クリック)

α-リポ酸はコエンザイムQ10と同じミトコンドリアの働きを助ける補酵素です。私たちの体は食事から摂った炭水化物、脂質、たんぱく質を、小腸でそれぞれブドウ糖、脂肪酸、アミノ酸に分解してエネルギー源にしています。
α-リポ酸はこれらの栄養素をミトコンドリア内に取り込む重要な役目を担っています。一方のコエンザイムQ10はミトコンドリアを活性化することで、ATP(アデノシン三リン酸)というエネルギーの生成を促しています。
ですからこの二つの成分を一緒に摂ることで、より効率的にATPを作り出せるようになります。その影響で全身の細胞に豊富なATPが供給されるため、疲労の回復が早くなり、疲れが溜まりにくくなります。

関連記事:コエンザイムQ10と合わせて摂りたいα-リポ酸

ビタミンB群を配合したサプリメント

詳しい情報(クリック)

私たちの体は「TCAサイクル(クエン酸回路)」(※2)を循環させることで、ブドウ糖、脂肪酸、アミノ酸をエネルギーに変えています。
ビタミンB群はTCAサイクルの循環に欠かせない成分です。コエンザイムQ10と一緒に働くことでエネルギー産生効率を高め、ATPの生成を促しています。
この二つの成分を一緒に摂ると、全身の細胞に豊富なATPが供給されるようになり、疲労の回復が促されます。

(※2)体内燃焼システム。ミトコンドリアに取り込まれたブドウ糖、脂肪酸、アミノ酸からクエン酸などのいくつかの酸が作られ、最終的に酸素と結合して水になる。このときに発生した莫大なエネルギーでATPが生成される。

関連記事:コエンザイムQ10と合わせて摂りたいビタミンB群

美容効果を得たい方

コラーゲンを配合したサプリメント

詳しい情報(クリック)

コラーゲンは肌の潤いと弾力を保つために欠かせない成分です。ところが体内のコラーゲンは加齢によって減少し、40代になると減少幅が大きくなります。
また肌が強い紫外線を浴びると活性酸素が発生し、コラゲナーゼという酵素が活性化され、コラーゲンが分解されてしまいます。
コエンザイムQ10には「線維芽細胞」(※3)を活性化して、コラーゲンの生成を促す働きがあります。ですからこの二つの成分を一緒に摂ることで、加齢によるコラーゲンの減少を抑えることができます。
さらにコエンザイムQ10によって余分な活性酸素が除去されることで、コラゲナーゼの働きが抑制されて、コラーゲンの分解を防ぐことができます。

(※3)皮膚は外側から順に表皮、真皮、皮下組織によって構成されている。線維芽細胞は真皮層に存在し、コラーゲンやヒアルロン酸を作り出している。

関連記事:コエンザイムQ10と合わせて摂りたいコラーゲン
関連記事:コラーゲンの生成を促すコエンザイムQ10

ヒアルロン酸を配合したサプリメント

詳しい情報(クリック)

ヒアルロン酸には1gで6Lもの水分を保持する力があり、肌のハリと潤いを保つために必要な成分です。ところが体内のヒアルロン酸は加齢によって右肩下がりに減少していきます。
肌のカサつきを防ぎ、ハリと潤いに満ちた肌を維持するためには、サプリメントなどから積極的に補う必要があります。
コエンザイムQ10には「線維芽細胞」を活性化して、ヒアルロン酸の生成を促す働きがあります。この二つの成分を一緒に摂ることで相乗効果が期待できます。

関連記事:コエンザイムQ10と合わせて摂りたいヒアルロン酸
関連記事:ヒアルロン酸の生成を促すコエンザイムQ10

ダイエットしたい方

L-カルニチンを配合したサプリメント

詳しい情報(クリック)

L-カルニチンは脂肪酸をミトコンドリア内に取り込む重要な役目を担っています。食事から摂取した脂質のうち、使われない分は体脂肪として蓄積されて肥満の原因になります。
L-カルニチンは脂肪がエネルギーに変わるのを促す働きがあり、体脂肪の蓄積を抑えてくれます。さらにコエンザイムQ10と一緒に働くことで、TCAサイクルが効率良く循環してATPの生成が促されます。
その影響で代謝が向上するため、脂肪が燃焼されやすくなり太りにくい体へと変わっていきます。このようなことから二つの成分を一緒に摂ることでダイエット効果が期待できます。

関連記事:コエンザイムQ10と合わせて摂りたいL-カルニチン
関連記事:ダイエット効果が期待されているコエンザイムQ10

更年期の症状を改善したい方

大豆イソフラボンを配合したサプリメント

詳しい情報(クリック)

女性は40代前後から卵巣が衰えるため女性ホルモンである「エストロゲン」の分泌が低下して、ホルモンバランスが乱れやすくなります。それによって引き起こされるのが「更年期障害」や「自律神経失調症」です。
大豆イソフラボンはエストロゲンと似た働きをする成分として知られていて、ホルモンバランスが乱れやすい更年期の女性にお勧めの成分です。
一方のコエンザイムQ10にはホルモンを分泌している副腎(※4)の疲労を軽減することで、エストロゲンの減少を抑える効果が期待されています。
さらに神経細胞に働きかけて、自律神経を整える作用も期待できます。この二つの成分を一緒に摂ると、倦怠感、ほてる、発汗、手足の冷え、頭痛、めまいなど更年期の女性が抱える症状が少しずつ緩和されます。

(※4)左右の腎臓の上に位置する三角形の臓器。体の機能を維持するために欠かせないホルモンを分泌する器官。

関連記事:ホルモンバランスの乱れを整えるコエンザイムQ10

Rankingランキング

  • これがイチオシ!ステラの贅沢コエンザイムQ10の公式ページ
  • カネカ還元型コエンザイムQ10の公式ページ
  • ステラの還元型コエンザイムQ10プラスの公式ページ

Otherその他の記事